建設業許可で悪徳業者を見分けよう

建設業許可の申請はHIKE行政書士法人へ!

住宅は消耗するものですし、リフォームや改修の需要は常にあります。

またそういった需要につけこんだ悪徳業者も存在し、被害報告も多く出ています。

こういった悪徳業者は、挨拶商法や点検商法、それに不安を煽る不安商法など様々な方法でサービスを受けさせようとします。

こういった悪徳業者は、工事後のサポートも不十分ですし、工事後に電話をかけてもつながらない、などといったケースもあります。

他にも工事をしてもらったはずなのに、逆に悪化してしまっていたり、塗装に使用した塗装材が依頼したものと違うなどといったトラブルもありますね。

こういった被害は時間が経過しないとわからないケースも多く、気がついた時は遅いといった事にもなりかねません。

本来建築関係の仕事は建設業許可が必要です。

この建設業許可は都道府県知事、または国土交通大臣の許可を得ているかということです。

許可を得ている業者である段階で、信用できる業者であるかどうかがわかるわけです。

また、悪徳業者の大半は訪問販売のような商法で仕事を求めてきます。

建築関係の業務は、自分の生活にも直結しますし、逆に再工事が必要になってしまう場合もあります。

リフォームなどの簡易な工事である場合も、地元の工務店など信頼できる会社か建設業許可のある会社に依頼しましょう。

住宅の壁の塗装などは10年以上など長い時間住宅を守ってもらうものです。

品質が重要ですので、格安にひかれずに安心できる業者に依頼することが、最終的に効果的に資金を使える方法となるのです。